No Photography
リハビリテーションのご案内
 当院ではリハビリテーションとして理学療法の提供を行っています。理学療法とは病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に運動療法、温熱や電気などの物理療法などを行う治療です。


透析患者様の身体的特徴
 透析の患者様では腎性貧血、尿毒症性低栄養、骨格筋減少と機能異常、筋力低下、運動耐容能の低下、易疲労性、活動量減少などをきたし、QOL(生活の質)が低下してきます。さらに長期的になると心不全や低血圧などの合併症が発生し、廃用症候群に陥り ADL(日常生活活動)の低下が生じます。

 透析患者様方に発生する様々な症状を防止・改善する方法として、運動療法、教育、食事療法、精神的ケアなどすべてをセットにした「包括的リハビリテーション」を行うことで運動に耐える容態やADL、QOLの向上、代謝の改善などの著明な効果が認められることが明らかになっています。
 理学療法士が学んだ透析患者様について記載された文章です。
 つまり、患者様方それぞれの状態に応じQOL(クオリティ オブ ライフ=各々の患者様個人がこれでいいと思えるような生活の質を維持しようとする考え方)、ADL(アクティビティーズ オブ デイリーリビング = 日常の生活活動)を維持、向上させるためにリハビリを行いましょう。と言う事です。
透析患者様に限らず、理学療法をご希望される方は、当院医師へお気軽にご相談ください。
リハビリ室(3階)
リハビリテーションルーム
リハ1
リハ2
リハ3
リハ4
リハ5